北海道で木の家に暮らす。年間25棟限定、職人が創るログハウスの注文住宅。木の自然な香りと肌触りが家族の心を癒します。

北海道ログハウス トベックスログハウス トップページ
へ戻る
ログハウス 北海道で木の家に暮らすための資料請求
ログハウス 住宅展示場
ログハウス 職人の技
ログハウス 想い出の刻み込める 木の家づくり
ログハウス こだわりの家づくり
ログハウス お客様の声
北海道 ログハウス
北海道小樽市銭函2丁目
TEL(0134)62-5457
展示場詳細はこちら



ログハウスに関する素朴な疑問・
よくあるお問い合わせにお答えします。
Q01、ログハウスは建ててから何年もちますか?
木はその性質を良く知り、それに合った使い方をすることで、大変長持ちします。
日本最古の丸太組建築、正倉院宝庫が1300年余りにわたりその姿を現存しているのには、その木の性質を知り尽くした職人がきちんとした施工を行い手入れをしているからです。ログハウスも同じ木の建物。
きちんとした施工をすることで、大変耐久性の高い建物です。
Q02、ログハウスのメンテナンスは大変ですか?

木を雨水から守るために、定期的な防腐剤の塗装が必要となります。塗装は日光や雨風により防水効果が低下していきますので、その効果が低下する前に必要となります。タイミングとしては完成から、約2年〜3年後、その後さらに5年後、そして7年後、といった周期です。
塗装にかかる費用は、40坪程度の住宅で、一回あたり10数万円程度で済ませる事ができ、外壁の張替えなどは必要ありませんので、メンテナンス費用は一般住宅に比べてかかりません。

トベックスでは経験と技術を積んだ専門の職人がアフターメンテナンスを築後3年くらいは最低でも年に2回はお邪魔して、木の乾燥具合などを見ながら、調整していきます。造って終わりではなく、お客様と一生のお付き合いをさせて頂きたい。「私達が造った家は私達が守る」という考えのもと、いつまでも安心して暮らせる家づくりがここにあります。

Q03、ログハウスの強度は?
木は他のコンクリートや鉄に比べ、軽くて強いという特徴があります。鉄と同じ重量ならば約4倍の強さを発揮します。又、木は切り倒されてからも強度が増すともいわれており、木の性質を生かした施工をすることにより、木の大変強い強度を発揮することができます。
Q04、ログハウスは暖かいですか?
外壁がログ材のみで建てられたマシンカットログでは、断熱材が壁に入りません。
しかし、お住まいになった方は、前の家より暖房費がかからなくなったと驚かれます。
木は保温力がとても高く、一度建物全体が暖められると木自体も温まり、その温もりを保ちますので、大変冷めにくいのです。また、木の熱伝導率が低いことから、木の家は夏涼しいのです。
Q05、木の空間にいると何となく落ち着くような感じがするのは。
木は建材となっても生きて呼吸をしています。そのため、湿度を調整してくれます。
また、紫外線を吸収し、光や音も乱反射させ散らすので目にも耳にもやさしいのです。
さらに、木は適度な弾力性と硬さがあるので体に触れる感触もやわらかく、万一転んでも怪我をしにくく、ダニ・カビ・雑菌の繁殖を防ぐ性質もあるので、アレルギー症状の改善にも効果的です。
Q06、木は燃えやすいのですか?
木は火に弱いと思われがちですが、木は表面をあぶられると自らに炭化膜を形成し、中まで燃えるのを防ごうします。そのため、マシンカットログ材のように厚みのある木は燃えにくく、トベックスのログも防火認定を取得し、隣地との離れを気にせずに建てることが可能です。そして、高温の中でも強度の低下はほとんどないので、高温下においては強度を保てない人工素材よりも、はるかに火に強いということになります。